静岡茶通販ドットコム

このページをご覧になって商品のご購入の判断基準にしていただければ幸いです。 似ているようだけど、どこかが違う緑茶を粉末化した製品をいろんな角度から比較して疑問にお答えします。 緑茶の原料や製法や加工の仕方でいろんな色・味・香りの製品になり、用途も分かれます。 お客様のご利用環境に合った最適な商品をお選び下さい。 業務用煎茶総合ページ>>> 給茶器用茶比較ページ>>>

粉末化したお茶の比較

  形状 製法・特徴 使用法
粉茶

お寿司屋さんの“あがり”といえばこの粉茶が一般的ですが、煎茶を作る工程で粉末化した茶葉を選別した物です。熱いお湯を注いで一気に出しますと、キレイな濃い緑色のお茶が出ます。キレの有る渋みが特徴です。茶殻が残ります。

通常は急須や金属や竹製の茶こしに粉茶を入れて熱湯でサッと淹れて湯飲みに出します。葉のお茶と違い少しの量で濃厚な味のお茶が楽しめます。渋いお茶がお口の中をさっぱりしてくれます。 粉茶ページ>>>
粉末緑茶 粉末緑茶の形状 静岡産の高級煎茶を粉砕機(臼)で極限まで微粉末に加工して茶道のお抹茶と同じ位の細かい粉末です。普通の湯飲みに0.5g程度でおいしく体にも良いお茶です。色の感じは緑茶の繊維分がお湯に溶け込みます。濁った緑色になります。 粉末緑茶は普通お湯に溶かして使用します。湯飲みに0.5g位入れてお湯を注げばすぐ飲めます。これに粉末の玄米茶を入れた物が最近、回転寿司屋さんで多く使われています。お水ではダマになりやすい。 粉末緑茶>>>
パウダー パウダー茶の形状 パウダー茶は原料を一度抽出してスプレードライ製法で乾燥して製造した商品です。急須がいらずカスが一切でず、後処理がいらないため便利な商品です。味は特に最近向上して来ています。色は透明感のある山吹色で甘い感じです。給茶器に対応しています。 パウダー茶は水に溶けやすい性質が有り、お水でも簡単に溶けます。給茶器に入れて使用したり、グラスやカップにパウダー茶はパワーが有りますので1g程度でお水やお湯を注げばお茶がすぐ出来ます。種類も煎茶など5種類有ります。 パウダー茶Eタイプ>>>
抹茶 抹茶の形状 抹茶は玉露と同じようにてん茶を原料に作られます。茶樹に覆いをして日光を遮るために茶葉はクロロフィル(葉緑素)や、うま味と甘みを蓄えます。その若芽を摘んで蒸し、揉まずに乾燥させた後、石臼でひいて粉末にします。その為、美しい翠色がさえます。 業務用の場合はケーキや焼き菓子や飲み物とのブレンドや色づけや風味付けなど、アイスクリームに入れたり冷菓のジェラードに使用したり、和食の抹茶塩などいろんな環境でご利用いただいています。各種イベントのお手前体験等にも。 業務用抹茶>>>
<