静岡茶通販ドットコム

お茶のミニ知識

毛茸(もうじ)について

特に高級茶を淹れて飲むときに液の表面に白っぽい「ほこり」のような細かい物が浮いている事があります。これはお茶の新芽(若葉)の裏側に生えているうぶ毛で専門的には「毛茸(もうじ)」と呼ばれています。この毛茸は幼い葉を保護するような役割が有り、成長するにつれて葉が硬くなると次第になくなります。従って湯飲みに沢山これが目に付けば、上等な新芽(若葉)を多く使用しているお茶を飲んでいる事になり、つまりうま味がたっぷり含まれているおいしいお茶を飲んでいる事になります。毛茸がたっぷり入っているお勧めのお茶⇒ 煎茶 瑞雲印 煎茶 くらみ印  煎茶 瑞星印

湯飲みに浮かぶ毛茸

湯飲みの上に浮かぶ毛茸が見えます

ギャバロン茶粉末130g

ギザギザの葉の周りに毛茸が見えます

ギャバロン茶ティーバッグ

新芽の部分で毛茸が柔らかく見えます

緑茶の形状

葉の裏側には繊維状の毛茸がよく見えます

ギャバロン茶粉末130g

葉の裏側には繊維状の毛茸がよく見えます

ギャバロン茶ティーバッグ

よく見ると幼葉の裏に白っぽい毛茸が見えます

毛茸がたくさん入っているお茶 家庭用煎茶ページ>>> 深蒸し茶 瑞雲印100g 上煎茶くらみ100g 茶草場農法茶 瑞星印100g
HOME 戻 る